forbot
 日本
紫外蛍光法硫黄分析計 SLFA-UV21A buy in 京都市 on 日本語
日本語
  • Русский
  • Українська
  • English
  • Deutsch
  • Français
  • Español
  • Italiano
  • Portuguesa
  • Polski
  • Română
  • Čeština
  • Magyar
  • العربية
  • زبان_فارسی
  • 汉语
  • 한국어
  • Nederlands
  • Việt
  • Ελληνικά
  • Suomi
  • עברית
  • Norsk
  • Svenska
通貨 JPY
紫外蛍光法硫黄分析計 SLFA-UV21A buy in 京都市 on 日本語
購入する 紫外蛍光法硫黄分析計 SLFA-UV21A
紫外蛍光法硫黄分析計 SLFA-UV21A

紫外蛍光法硫黄分析計 SLFA-UV21A

利用可能
売り手からの価格を指定する
日本, 京都市
説明

概要

地球環境への危機意識が高まるなか、大気汚染防止の決め手となる高精度の分析技術は、ますます多くの注目を集めています。
環境意識の向上と、軽油やガソリン中の硫黄濃度の規制強化があいまって、高感度、高精度を達成する革新的分析技術が求められています。
HORIBAのSLFA-UV21Aは硫黄分析計の最新タイプです。
30ppb(ガソリンなど)から高濃度(軽油)までの広い硫黄濃度範囲を、高精度で短時間に分析することができます。

特長

  • 検出限界30ppbの高精度測定を実現しています。
  • HORIBA独自の紫外線蛍光法分析部を搭載し、高感度と高い安定性を実現しています。(大気中SO2分析装置で豊富な実績)
  • Windowsベースのアプリケーションソフトで、容易な操作と高度な機能を充実しています。
  • オートサンプラー搭載で最大42個測定が可能です。

価格

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。お見積もりをご希望のお客さまは、右上の「お問い合わせ」ボタンをクリックしていただき、お問い合わせ内容に「製品名」及び「見積希望」とご記入してお申し込みください。


仕様

SLFA-UV21A

測定原理

燃焼-紫外蛍光法

測定試料

ガソリン、灯油、軽油、重油など(ただし粘度は20cSt以下)

測定成分

硫黄

測定範囲

0〜1

検出限界

30ppb

粘度

標準偏差≦ 0.2ppm (15ppmにて)
標準偏差≦ 0.5ppm (30ppmにて)

試料容量

5〜20μL(標準10μL)

試料数

最大42個

測定時間

試料注入開始から約1〜5分

表示

分析結果とアラームとグラフを、LCDとプリンタに表示

試料名

半角20文字

試料プリセット

最大約200個

機能

割込測定:測定順序の編集
自己診断:アラーム表示、保守カウンタ
測定結果メモリ:測定結果の自動記録
グラフィックデータメモリ:抽出曲線の自動記憶
統計計算:平均値、標準偏差、CV、グラフ表示

制御用PC

PC/AT互換機、Windowsが起動する機種

ガス

酸素 純度99.5%以上
アルゴン 純度99.99%以上

電源

AC 120V±10%、50/60Hz 約1.5kVA
(AC 100V-120Vステップアップトランス使用)

周囲温度

性能保証温度 15〜35℃
動作保証温度 5〜40℃

※マニュアルサンプラータイプ SLFA-UV21もご用意しています。

Contact the seller
紫外蛍光法硫黄分析計 SLFA-UV21A
紫外蛍光法硫黄分析計 SLFA-UV21A
View also 製品 カテゴリ "医療研究室機器"
賛成
by the goods
Your message must contain at least 20 symbols. The message must not be more than 2000 symbols.
必須フィールドが入力されない
フィールドが正しく入力されていない
フィールドが正しく入力されていない
を比較0
Clearポジションが選択されました: 0